D i g i t a l

デジタル印刷の特徴

通常フィルム印刷に必要とされる版を必要としない比較的新しい印刷手法です。弊社は、デジタル印刷が出現した2000年から取り組んでおり、ダミーサンプル作りから始まった事業は2014年には最新鋭のINDIGO20000をアジアでもいち早く導入し、多くの実績を残してきました。長年のノウハウと安定したバックアップ体制で安心してお使いいただけます。内容物の保護だけに留まらないパッケージの新たな役割を想像すべく、日々邁進しています。

●版レスで思いのままにデザイン
通常フィルムの印刷に必要とされる“版“がデジタル印刷では不要な分、版代もかからず多種多様なデザイン展開が可能です。詳細

●価値あるオリジナル商品の提案
写真やテキストなどデザインの一部を差し替え印刷することで、パッケージそのものに付加価値を与えることができます。
詳細

●最小ロット1点から
⼀度に何種類ものデザインが印刷でき、製造ロットの制約を受けることなく、⼩ロットからメガロットまで必要な分だけ印刷する事が可能です。
詳細

●最⼩ロット1点から

⼀度に何種類ものデザインが印刷できます。製造ロットの制約を受けることなく、⼩ロットからメガロットまで必要な分だけ印刷する事が可能です。
様々な使い⽅のご紹介

1)ダミーサンプル

展⽰会でのディスプレイ⽤や新商品開発時の試作品・マーケット調査⽤として、最⼩ロット1点からお受けいたします。お客様の発売前の商品情報を守るダミーサンプル専⾨部署を設け、全て社内で⼀貫⽣産しております。

2)⼩ロット印刷

必要分のみ製造できるので、今まで使いきれずに廃棄していたフィルムロールや包装資材の廃棄量が削減でき、保管場所の圧縮にもなります。オリジナルのパッケージを諦めていたという⽅にもおすすめです。期間・地域限定のパッケージ、ノベルティ、テスト販売の⽤途に向いています。

3)多品種⼤ロット印刷

版代がネックで⾊数を抑えたということや、1種類のデザインを⼤量に印刷する必要がありません。何⼗、何百種類ものパッケージデザインを展開したノベルティや消費者がご⾃⾝で撮影した写真で世界にまたとないオリジナルのパッケージに⼊った商品企画が可能です。

4)メガロット・ハイブリッド印刷

多品種展開でも、ベースとなるデザインは⼀緒で⼀部のみデザインが代わり、かつロットが特⼤以上になる場合に向いています。グラビア印刷を併⽤する事で、全てをデジタル印刷で印刷する場合よりも製造スピードを上げる事ができます。 ハイブリッド印刷の詳細はこちら
当社では、最新鋭のデジタル幅広印刷機『INDIGO20000』を2台、『WS6800』を1台保有する事により、他社にはない⽣産能⼒で様々なニーズにお応えいたします。

デジタル商品の紹介

オリジナル天然水

イベント、ノベルティ、展示会やオープン記念など使い方は様々。最低600本からデジタル印刷を活用して可変でお作りします。年間200万本の製造実績。

オリジナルキャンディ

スポーツチームやノベルティ、個人様向けに50袋からお作りいたします。結婚式のプチギフトや内祝い等にもお使いいただけます。

オリジナル缶バッチ

3サイズからお選びいただけます。ノベルティや販促品としてお使いいただけます。お手持ちの写真を使って10個からお作り致します。

カレンダー

フィルム製の腰巻が製造可能です。水や汚れに強く、破れにくい為、耐久性にも優れます。水場でもご使用可能です。


弊社代表が務めさせて頂いておりますhpユーザー会のサイトはこちら▶︎ dscoop

PAGE TOP